毒親から離れる

独り言的な本音、過去の暴露話、セラピーとして怒りを溜めない為に書き綴ります

少し変化

毒親ブログとして家庭のいろいろ、過去の経験を赤裸々に語ってきましたが

毒親への気持ちの整理はそれなりについて

結局自分次第であることに気がついた。

 

親の性格が今さら変わるわけじゃなし、親に気を遣って生きることも疲れはて

入籍前父親からいろいろ理不尽なことをされたけど

まぁそれもされてしまったことは修正できないので。。

そういう人なんだって思うしかない。

 

そのかわり叔母が母親のように接してくれるようになった。

叔母夫婦は子供がいない。

親戚から子供がいないってことで浮いた存在だった。

 

叔母夫婦は子供がいないことで、夫婦でお互いを支えあってきて

70近くてもお互いを尊重して、生活を楽しんでいるのがよくわかる人達だ。

 

お互いのことをけなし合い、いつも不満いっぱいで生活している夫婦より

よっぽど私はいいと思う。

叔母夫婦は話ていると落ち着く。

そう。。こうやって話せる親がよかった。

 

叔母夫婦と付き合うようになって気持ちが落ち着いた。