毒親から離れる

独り言的な本音、過去の暴露話、セラピーとして怒りを溜めない為に書き綴ります

ホントにうんざりしたこと

自分から近づいてきて、ぶちかましていく人はもういないと思ってた。

 

ブログを読んでいて、私がそういう人にもうホントにうんざりしていることは

知っていると思ってた。

 

私が毒母育ちで、そのことで苦しんでいることを、今までもブログに赤裸々に書いてきた。

そのことで人間関係がうまくいかないこと、必要以上に相手の気持ちを忖度してしまうこと

 

それに疲れたこと。

 

ブログを読んで理解してくれていると思ってた。

イベントで隣になって、年賀状送ってきて『ブログ読んでます』って仲良くしたげだったのに、仲良くしたらこんな結果になって。

あ~もうホントにマルシェで女性と親しくなるのはダメだなって反省した。

 

がん検診を受けて再検査になってしまい、自分の中で抱えきれないほどの不安があって

もうホントに今までのような感じで自分がやってたら

絶対後悔する日がくる!

 

そう強く思ったGW。

 

ぶちかましてきた作家さんの子供がイベントですごいうるさかった。

うるさかっただけではなく、じ~っと私の前にきて私を直視する。

 

親のことをここで語るうちに、自分でも親に似ているところがあることに気がついて

でもそれは親の子だから、そういうのは当たり前にあるんだろうけど

そういう部分をなるべく出さないようにしたいな~と強く意識するようになった。

 

義母と夫も性格が似ているところがあって、激しくきつい言葉を突然吐くことがある。

その威力はすさまじいもんで、なんでそんな風に言ってしまうのか理解できないところがある。

 

祖母が危篤になった時、もち返した祖母のお見舞いの帰り

なにを思ったか?夫は。。

 

『死んだことにしておくよ』と言い出した。

 

はぁ?と驚いた私に、自分がまずいことを言ったと感じた夫は

 

『自分がなんでそんなことを口にしたのかわからない。。』と言い出した。

頭を抱えて、なんでそんなこと言っちゃったんだろう?と悩んでいたけど

そう思ったから言ったわけで。

そういう理解できない言葉をうっかり言ってしまうところがある。

 

でも最近は意識しているようで、そういうのはだいぶなくなった。

 

私は逆で思ったことをその場で言わないで、怒りを溜めてしまい

結局爆発するという性格が父親の性格そっくりだ。

 

だから私はもっと思ったことを、ブログ以外でも言った方が自分のためなんだと思うようになった。

ブログだと言えるんだけど、その場ではなかなか言えないで相手に合わせてしまう。

ブログなんかに不満を書くより、その場で言った方がいい!

 

GW中そういうことを考えていた。

 

夫とは義母がイヤだから関わらないとかできない。

よく顔合わせる人に本心を垂れ流すのもちょっとあれかな。。と思う。

 

その子供がうるさくしていたこと、じ~っとこっちをみつめてなんかあれだったこと。

その作家さんとはもうこれ以上の関係は続かないと思った。

関わることのない人にこれ以上合わせているのは疲れた。

 

そう思っていたところに彼女は

 

『私に間違ってるところがあったら正直に言って』と言ってきた。

 

私はそれを素直にうけとり

 

『イベントの時、子供がちょっとうるさかったんだけど。。』と伝えた。

 

彼女は自分の用事で子供を連れてきたのだから怒れない。と言ってきた。

そして自分の子育て論になった。

 

まぁ私も子育てのことに関して口だしするのはよくない。。と思ったけど

ここはあえて言わせてもらった。

 

毒母に育てられて、いつも理不尽に怒られて怒鳴られてきた私にとって

確かに子供を怒ってばかりいる母親はどうかと思う。

でも怒ると叱るは違うようなに私は思う。

 

公共の場でうるさくしていたのだから、そこは言ってもいいんじゃないか?

親の用事で連れてこられた場所で、うるさくしていいってことはない。

 

以前イベントで子供がうるさくしていて、主催者さんに注意されていた作家さんがいた。

そしたらその人の言い分は

『小学生に静かにしてなさいって言う方が間違ってる、子供を家においてくることはできなかった』と逆ギレしていた。

その後『ほら、主催者さんに怒られるから静かにしてなさいよ』と子供に怒っていた。

 

その人に唖然としてしまったんだけど。。

彼女もその人に似てる子育て論だったわけだ。。

 

私が『子供が少しうるさかったから。。』と言ったことで、親としてキレたのはわかった。

うるさかったのはうるさかったわけで、子供がうるさい理由が

母親の用事で連れてこられた場所で騒いだ!退屈した。。

なんてそんなことまで忖度できない。

 

私だったら子供に言ったな!

『もう少し静かにしてね』って。

 

娘が小学生の頃、母がカレーを作って私と3人で食事していた時のこと。

娘はひどく態度が悪くて、文句言いながらカレーを食べていた。

理由はカレーにセロリが入っててまずいって文句だった。

母は娘(孫)に『ごめんね、今度はセロリ入れたりしないから』とご機嫌をとってた。

娘のその態度が私の勘に触って

 

私が『文句あるなら食べなきゃいいじゃん!食べながら文句言うんじゃないよ』と怒ったことがある。

 

文句言いながらもカレーを食べる娘が正解なのか?

夕食をつくってもらっておきながら、文句言いながら食べる娘の態度が悪いと思った。

『セロリ入りのカレーより普通のカレーの方がいい』って後で言えば

次から普通のカレーになるんじゃないか?

 

彼女は自分の子育て論について長文で書いてきていたけど、あ~いう場ではもう少し静かにさせた方がいいじゃない?って思ったけど

 

重ねて『私はそう思ってるけど、でもそう思う人も世の中にいるってことを教えてもらったから次からは注意しなきゃ、感謝するわ』と。。

 

あ~こういう人だったか!残念。

 

まぁこういうことを言った私もあれだし、相手もあれなんだと思う。。

今の日本ではそういうの言っちゃいけない。

口にしちゃいけないんだろう。。

 

こういう人だとわかったら、静かにフェイドアウトしていくのがコミュニケーション能力高い人なんだろうな。

 

子育て論ぶちかまされただけじゃなく(笑)

そう思う人がいるってわかったから次からは注意する、感謝する!って。。

 

自分都合で子供を連れてきたから、子供がうるさくしたことを怒れないって言って

すぐその後、でもそういう人がいるなら次から注意する!感謝なんて

え~そこで感謝とか使う?って思ってしまった。

 

その上ママ友問題も『あなたはわからないかもしれないけどいろいろあったんだから』と言われ。。

 

全然思ってないでしょあなた?っていうメッセージに、めんどくせ!って思い

きっと世の中の旦那さんは、こういう気分でいるのかな?って思った。

ちょっと言ったら倍返し。。

こんなんじゃ会話なくなるよね。。

 

女性との会話で、こういう本音、心で思っていたことを口に出せるのは

相手の存在を大切に思っているから『〇〇した方がいいんじゃない?』って言うんだけど。。

 

なにも言わないで、うるさい子がいるから付き合いたくな~い。。じゃ

駄目かな~って思って言ったことだったんだけど。

こんな気分になるんだったら、言わなきゃよかった!と思った。

 

こっちだってね、再検査前でピリピリしてる時だったんだよ。

なのにこんなつまんないことで、気分がピリつくなんて冗談じゃないよ。

 

結局この人とのよくわかんない関係は、最後までガッカリする感じで終わり

お互いにとってまったく気分の悪い、胸くそ悪いとはこのことだ。

 

彼女の『子育てが終わったら〇〇がやりたい』というセリフがイヤだった。

それを言われた時、立場の違いを痛感して、それ以来本当は

彼女との関係に悶々としていた。

いつかぶちかるだろうなって思っていた。

 

子育てってながくて、そんな簡単に終わるものでもなく

子供がいる人と子供がいない人では生活が全然違うわけで。

そういうのに気をつかって関係を保つのは疲れるよね。

 

再検査になって、無駄に気を遣うのはホントにイヤだって思った。

自分が大変なのに、どうしてそんなどうでもいい

ママ友関係の愚痴を聞かなきゃいけないんんだ?

 

私だって愚痴りたいよ。

愚痴っても愚痴っても言いきれないから言わないんだよ。

 

『検査痛いのかな?』

『怖くて怖くてしょうがないんだよ』

『あ~考えると眠れない』

『結婚したばかりなんだよ』

 

そう。。友達ぶるならまず『結婚おめでとう』と言ってほしかった。

愚痴から入られたことが気分悪かった。

 

ブログ読んでて私のことわかったようなこと言ってるわりに、自分のことぶちかましたかっただけな彼女にホントにがっかりした。

 

この前の青木さんはブログ読んでて、この前の私の怒りに謝ってきた。

 

でも。。私はもう青木さんが義母のようにしか思えず、付き合ってもまた青木さんに

やられるだろうと思った。

青木さんは『友達でいてほしい』って言ってくれたけど、私も友達って存在がほしいけど、絶対青木さんはまた同じように暴走するだろうって思った。

そんな関係お互いによくない。

ストレスを感じながらピリつきながら付き合うことはよくない。

青木さんには未練たらたらだったけど、DV夫との関係を断ち切るかのような思いで

『ごめんなさい』した。

 

DV夫は時にすごく優しくて、愛されてるって実感することもある。

でもそれに騙されて、一緒にいれば暴力をふるわれで

その度自分が悪いのかな?って思うようになってしまう。

 

そういう関係になってしまい人とは関係していちゃ駄目だ。

 

毒親育ちは見捨てられるのはダメで、いつまでも相手につくしてしまうんだって。

もう。。どう思われてもいいや!だって、おまえらイヤなんだもん。って気分でいなきゃね(笑)