毒親から離れる

独り言的な本音、過去の暴露話、セラピーとして怒りを溜めない為に書き綴ります

性格悪い

なぜアメブロからくる人がいるんだろう?

アメブロからきてる人が3%いる。

少し前は1%になったけどまた3%になった。。

 

f:id:kimotihakokoni:20180618173602p:plain

 

このブログをはじめる前アメブロにリンクしてしまった。

まぁそれは自分の境遇を知ってもらいたい!とか

本音を語る場がない!ことや

埼玉のハンドメイド作家などにブログを勝手に読んでは

嫌われまくったことなど

本音を言っちゃいけない世間なんだな~と思ったから

アメブロに思ったまま書くことは控えるようにした。

 

アメブロのリンクも外したのに、なんでまだアメブロからきてるんだろう?

なんで?

なんで?

まだどっかにリンクが残ってるんだろうか?

 

アメブロじゃ~言いたいことが言えない。

そんなんじゃ、くそつまんないんだけどね(-_-;)

 

相手がどうとるか次第で、面白い人だ~か?言ちゃう人だな~

なにこの人調子にのってんじゃないの?と勝手に思われるか?

 

自分に向き合ってるだけで、誰かに伝えたくて書いてるわけじゃないんだけどね。

私が語ってるようにとる人は多く。。

なんか勘違いしてる!!!といつも思う。

 

でもアメブロにこのブログをリンクした時の気持ちは、本当の自分をさらけだしたい!という気持ちが大きかった。

 

この前NHKで『劣等感』というテーマの番組があった。

劣等感は他人と比べてどうの?ってことで生まれる気持ち。

 

哲学者たちは劣等感はすべての人間がもつ当たり前の

モヤモヤであることを語っていたけど。。

 

日本人てネガティブなのに、ネガティブでいちゃダメだ!みたいな

押しけがましい根性や、個性的で自分をもってる人に対して『調子ずいてる』など

性格の悪い人間性だと思う(個人的な意見です)

 

例えば私ならアメブロにちょっとネガティブ発言

(病気があるとか、イヤな人がいたとか、トラブったとか)書けば

 

『作ってる人はそういうの書かない方がいい、作品に念がこもるから』なんて言う。

 

当たり前に病気になるし、生きてりゃたくさんイヤなことだってあるし

トラブルになりたくなくても、いつどこでトラブルに巻き込まれるかわからない。

言論の自由はないのか!と腹だたしくなる。

 

いちいちうるさいよ。

 

『無』になって作れっていうのか、そんなことできやしない。

 

そういうことを言う奴にかぎって自分はいろんなこと我慢して生活してる!

と思ってる人だ。

そしてそういう言葉を親切心で言ってやってる!と思ってる(笑)

 

それを受けいれないと『あの人ってあれだよね~』と陰口を言う。

 

そんなこと言われたら、おみやげの民芸品も将棋の駒もみんな無になって作ってるのか?

いやいやそんな『無』になって瞑想状態でものがつくれるはずがない。

 

でも私の前にはそういう押しつけがましい持論をとなえる、めんどくさい人が現れるんだよね~

 

考え方次第だと思うんだけど。

いろいろおこるけど、それを乗り越えて頑張ってる人と思ってほしい。

 

とくにいじめられたハンドメイド作家たちには、私の生活が楽しくてうらやましい!と思われていたんだと思う。

自分は生活に追われ、家事もパートもしながら、旦那と喧嘩しながら作品作りしてる。

なのにあいつは楽しそうに夫に手伝ってもらってイベントでてさ~みたいな

自分にない境遇をやっかみ、いじめられたんだとしか思えない。

 

例えばカフェ巡りしてるようなハンドメイド作家もいるけど

まぁお洒落なカフェに行けば自慢したくなるのもわかる。

自慢!いいじゃないか?

私こんな素敵な場所でランチしたの!お茶したの!

ああ素晴らしいことだね~

 

それでいいじゃないか?

 

なのに『〇〇さんがこの前いってたカフェ素敵~』とか言いながら

心の中ではやっかみ、妬んでいるんだろ?

そんなのにいちいちイライラしていたら、それこそ心の中の汚泥がたまる一方だ。

 

自分と他人を比べ、あ~だこ~だ思っているより、他にやることあるだろ?って思うけど。

 

クラフトに出て心が洗われるような気持ちになったのは、他人と自分を比べ

あ~だこ~だとぐろを巻く輩が減ったことだ。

まぁときどきは他者をやっかんでる人もいたりするだろうけど

マルシェ系イベントから比べれば少ないと思う。

 

そこを気にしてたら遠方のイベントに車で何時間もかけて移動して

出展なんかできない。

言い訳しながらもの作りをしてるなんてカッコ悪い。

気がのらなければ作らない出展しない、それでいいと思う。

 

マルシェ系イベントに出店していた時

『いつも作っていられていいね~そんな生活したい』

『そればっかりでいられていいね~私なんかさ!作れるの深夜だけだよ』

それはおまえの生活だろ?

なんて意地悪な言い方するんだ。

 

いつも自分と他人を比べて自分は苦労してる、自分はやれない!と言い訳してる。

 

言い訳というか。。

べつに義務じゃないんだから他に稼げることをしているならそれでいいじゃないか?

 

やれようとやれまいと、あなたにはあなたの生活があって

私には私の生活があるのよ!と言いたいけど

言われれば、なんか悪いことをしているような気分になった。

 

そういう性格の悪い女の冴えたるは実母だ!!!!!

 

母にはお金があって、コープデリも毎週やって父の車で週でスーパーへ買い物。

お取り寄せをして美味しい物を食べ、姉妹は近所に住んでて月2でコストコへ買い物しに姉妹で出かけ、その後は夕方までランチしておしゃべり。

 

なんて恵まれてるんだ!

お金に困らない老後なんて理想的。

 

なのに母は私が夫と仲良くしてるだけで気に触る。

私の生活状況を細かくチェックしては『金使いすぎだ』と興奮して怒り出す。

 

クラフトイベントが充実してきた頃も遠方のお土産を買ってかえればやっかまれ

『よくこんな生活できてるね!その金があるなら。。』と

母が喜ぶと思ってお土産を買ってきてあげてるのに、なんで私が怒られなきゃいけないんだ?

『私は目が悪いから遠くにいけない』とかさ。

姉妹で北海道やら日本中旅行してるじゃないか?

 

自分はやってもOKで、私がやると怒り出す。

ほんっとに性格が悪い。

私なんか仲良くできる家族はいないし、愚痴を聞いてくれる人なんていない。

(夫くらいだ)

 

お金があるとか話せる姉妹がいるとか!

うらやましいな~とは思うけど、それを自分にないからって怒ったり

相手を不愉快にさせて、自分の方が不幸だ!と思うの

私は絶対違うと思うんだよね。

 

もうその根性が自分を幸せにできない第一歩だと思う。

そういう性格が不幸のはじまりだ。

 

実母のそれに苦しめられてきたけど、自分の生きてきた人生が不幸だったか?といえば

そうでもない。

離婚したくなりゃしちゃったし、苦しい場所から逃げることができた。

いつ死んじゃってもいいや!という諦めを抱えながら、もがいてはそこを脱出することができていたから、自分の人生は苦しいことも多いけど

自分が不幸だ!とは思わない。

 

イヤな人と絡んでいるのはホントにイヤで、苦痛でしかなく

なによりも性格の悪い人の言葉っていうのは『毒』そのものだ。

 

とくに自分と他人を比べる性格の人はホントに厄介で、常に妬んでいるから

ぶちかましてくるよね~

 

実母も義母も自分がとにかく不幸だ!と思いこんでいる。

家族として思いやってあげたい気持ちは私にも当たり前にあるよ!!!

でもあいつらと関われば、ホントに言葉で叩きのめしてくるからね。。

 

『はぁ?なに言ってんの~』と思う言葉を言わずにはいられない。

傷つけてくるのがわかってる性格の人に、思いやりなんかもっても自分がやられるだけだ。

 

この歳になると、だんだん親の介護だ~言う人も増えてくる。

最初は『うんうん』って聞いてあげてるんだけど

そういう人も『いいよね~両方の親と仲悪いんだもんね』と介護しないで生活していられて幸せね~的なことを口にしはじめる。

 

苦笑いしていると。

 

『私なんかさ~父親の病院の送り迎えに子供の世話に』と苦労話。

 

私にしてみれば虐待する母親がいなくて幸せね~

ヘビメタデスボイスで癇癪おこす精神異常な家族がいないって幸せね~

子供の戸籍勝手にいじるような父親がいないって幸せよ~

家族が普通って幸せよ~と言いたいけど

 

向こうは介護していることで、自分は苦労しているって思っているし

介護は大変なことだから愚痴りたくなるのも

それをねぎらってくれる家族がいないことも、気持ちはよくわかる。

 

こんな気持ちで聞いてあげてるのに、なんだおまえのその言いぐさは!

ちった~こっちのバックグラウンドだってわかってくれよ!って思う。

おまえの辛さは最近はじまった何年かでも、こっちはもの心ついてからずっとで

それも知らないで、まるでずっと自由にやってるみたいに勘違いしてさ。

 

母も祖母の介護をずっとしてた。

母に怒鳴りまくり『嫁だったら殴ってるよ』と祖母に怒鳴りちらしていた。

結局そこそこの介護施設に祖母を預けることができたけど

預ければ預けたで、今度は親戚に母親の面倒をみない!と攻められているような

気になった母は、そのストレスを私にぶつけてきては怒鳴り散らしていたな。

 

何度も何度も『いい介護施設がみつかったんだからいいじゃない』

『みてくれるところがあるならそれでいいじゃない』と私は言ってあげたけど

勝手に自分を攻めて勝手に怒っている母にはその言葉はまったく通用しなかった。

 

私もずっと親の面倒は長女である私がみるもんだ!と思ってきた。

でも義父癌になる!で母にぶちかまされてから、あ~こんな人無理だ!と思った。

今までもずっと無理だったんだけど、我慢して我慢して自分を殺していた。

 

うちにはまだ結婚しない35歳独身末妹が同居してる。

まったく家にお金もいれないで、歴史オタク的な生活を送れている奴。

あの子が親の面倒をみればいい。

末妹は母にまったく怒られない。

 

私が母の面倒なんかみたら、母の血圧をマックスあげるほど怒らせて殺してしまうかもしれない。

もはや私の背面に母にしかみえない悪霊がいるかのような、私に怒る姿は尋常じゃない。

 

歳のせい、糖尿病のせい、だから怒りっぽいキレやすいレベルじゃない。

私以外にはシャウトしないんだから、これはもう親であっても合う子合わない子がいるって受け止めなきゃやってらんない。

 

私も正直親の介護を放棄した!という思いから、罪悪感がある。

でもホントにあの人は無理なんだって!

私は母を介護したら、母の首をしめてしまうかもしれない。

母を殺してしまうかもしれない。。と本気で思う。

 

母はあんなに祖母に怒鳴りまくっていたけど、祖母が亡くなれば

なんかものすごいムーディーに祖母の死にひったっていた。

母の思い出話し、お葬式も『やりきった』と母は満足げだった。

 

私が母が亡くなったら同じようになるかと言えば、思い出しても思い出しても

恨みしかなく。。

『ママの声デカかったよね~』

『私の人生の中で断トツ1位でキレキャラだったな~』

『どうしてママは私にしか怒られなかったのかな~?』と妹たちに聞いてしまうそうだ。

 

群馬の地震のニュースを聞いて何度も何度も実家に電話しようか悩んだ。

でもできなかった。

 

東北地震計画停電になった時、親は家族の暖をアンカをひとり1つ持たせるために時間前にアンカを用意していた。

あたりまえに私にもあると思っていたら私の分はなく

 

『なんで?』と聞くと『あんたの分はないんだよ』と言うのだ。

 

『なんで私の分はないの?』と聞くと『ほしいの?』と聞くから

『ほしいよ』と言うと『いいじゃないあんたは』と会話にならなかった。

 

寒くてひとり布団にもぐって泣いたのを覚えている。

 

どうして同じ家族として扱ってくれないんだろう?

悲しくて、その仲間はずれ感にひどく心が痛んだ。

 

震災のあった日も私には電話はなく、二女や末妹には電話して安否確認をしていた。

そしてそれをしたことをわざわざ父も母も私に言ってくるのだ。

 

私にはまったく着信なかったけど。。と当然思う。

 

どうしてこんなに私は粗末に扱われるんだろう。。

ずっと思っていたし苦しかった。

 

親と仲良くできないのは、家族に仲良くしてもらえないのは私のせいじゃない!

そう思うようになった。

 

ハンドメイド作家のあの人たちも、私からなんかしてったわけじゃない。

向こうが突然無視したり、悪口を言い出したんだ。

 

私は普通に『これまずかったかな~?』と思うことをしていたら

敏感だからそれに気がつく性格だ。

やってくる奴はどんなにこっちが丁寧にまともに接してもやってくるわけだから

義母に『バカみたいなことは言わないでねお願いね』って優しく言ってあげても

絶対言ってしまうのと同じで、どうにもならないことはどうにもならないんだから

そういう人とは距離をおくしかないよね~