毒親から離れる

独り言的な本音 セラピーとして怒りを溜めない為に書き綴ります

毒母と更年期とセックス

去年の10月11月は生理がなかった。

更年期突入か~

母は30代で生理がなくなったからおまえも早く更年期がくる!と言っていた。

それに私は20代そこそこで子供を産んでいるから更年期が早いとも。

母の言葉を丸飲みにしていた私は

 

更年期早くくるんだ~

子供産むの早いと更年期早いだ~!とカラダの不調を更年期だと思い込んでいた。

肩こりが酷い、イライラする、落ち込みやすい、頭痛が酷い。。

更年期だからと思いこみ、いつまで続くんだろうこの不調!と憂鬱だった。

 

生理が2ケ月こなかったことで、更年期突入したと思いこんだ。

 

赤裸々に語ってしまうと、私たち夫婦はそれなりにセックスがある。

週1~2ある。

セックスレスになった時もあった。

ホルモン治療でピルをずっと飲んでいたので、ずっとコンドームを使わない生活をしていたのだけど、飲んでいたピルがヤーズというヤバいピルだった為、血栓症になり使用を停止。

ずっとコンドームを使わない性生活だったため、夫はナマじゃないとできない

ピルを飲まなくなったので避妊して!と言ったのだけどつけるち中折れになってしまう。

もううちらにはセックスはいらないんじゃない?

 

ヤーズは性欲を減退させる薬で、ずっとそれを飲んでいたので別にセックスがなくなってもよかった。

セックスレス夫婦でもまぁいいや!な感じに夫もなっていたんだけど、夫も男性更年期のことを気にするようになった。

 

夫は体臭をすごく気にしてる。

まぁ加齢臭なんておっさんならあっても当然じゃないか?

それを嫌がる娘がいるわけでもなし。。私はそれくらいに思うのだけど

夫は会社の加齢臭の酷い男性たちに嫌悪感があるらしい。

 

それと同時に男性としての機能を気にするようになる。

夫はそれがイヤだったらしい。

 

 

 

 

母と距離をおき、実家へも行かなくなり、母の呪縛から少しずつ解放されている自分に気がつきはじめる。

 

母と距離をおくため、お正月も実家へ顔を出さず、お正月はじめて旅行にでかけた。

夫は久しぶりに求めてきたんだけど。。

私にしたら『また中折れするだろう』とイヤで、そんな盛り下がる大晦日はイヤだった。

でも久しぶりのセックスだったからか?

私が生理前だったのもあり、ナマでOKだったから夫は中折れなしで成功。

 

母と距離をおいてからはじめてのセックスだった(笑)

母の関係とセックスが関係しているなんてまったく思っていなかったんだけど。。

 

めちゃくちゃ母に人間として貶され続けてきた43年間。

母は私のすべてを貶し続けてきたから、まったく自分に自信はなかった。

母にすべてを否定され、自分を押し殺して生きるということは、自己欲求も押し殺さなきゃいけなかった。

それは快楽へも通じる感覚だったのか?

 

セックスが気持ちいい!と思ったことはなく、セックスに対して悲観的な感覚があって

気持ちよくもないことをパートナーとやらなきゃいけないなて苦痛だった。

夫は自分から誘うタイプではないので、夫も性欲が薄い人なんだと思っていた。

 

夫もネグレクトな毒母に育てられてる。

毒母育ちは自己の欲求に素直になれないんだと思う。

 

夫の気持ちの片隅に、男性としての機能が衰えてることをなんとかしたい!と思っていたらしいけど、1度セックスレスになると、なんでまたそういうことしなきゃいけないの~?みたいな感覚私にあった。

 

あなたの男性としての機能が衰えることに対する気持ちなんか私には関係ない!

そう思うところもあったのだけど。。

 

2016年11月23日、母にいつものようにぎゃんぎゃん電話で怒られ怒鳴られ罵倒された日。

夫はうすうすうちの母が普通じゃないことに気がついていたんだけど、あの日のダメージは私にとってすさまじかった。

 

義父が前立腺がんになり、骨に転移していると、それで治療しなきゃ余命1年と言われ

義父の性格だ!癌で死ぬ死ぬ詐欺を巻き起こした。

 

当然夫も私もなにか不安。。

そう!義母がエ〇バの証人だからお葬式がややこしい。

義父は『家族葬をしてほしい』と死んでもいないのに言い出す。

そこで夫の家族のややこしいところが露出しだす。

 

母に義父が癌であることをなんとなく話していたんだけど

母はあの性格だ。

なにかと『義父さんどうなの?癌なんでしょ』と電話かけてくる。

最初は心配してるかのように母は言ってるんだけど、5分もすれば

『おまえには関係ない』と母のスイッチが入りだす。

『義家族のことなんか首をつっこむな』と、それはおまえだよ!と言い返してやりたいのだけど、母はもうこっちの言い分なんか聞こえない。

 

ヘビメタデスボイスでぬぁ~と『おまえには関係ないことだ』とすさまじい興奮の仕方

で義家族のことや夫の不安なんて私には関係のないことだ!と母は興奮する。

 

関係ないことはないのだけど。。

母はとにかく私を孤独にさせたいからね(笑)

『義父の癌や義家族への不安はおまえには関係ないことなのに、おまえなんかが調子にのって話すな!』とスイッチが入ってしまう。

 

11月23日前にも何度かそういう感じになって、電話を切るのに苦労したのだけど

その日は本当に母の興奮の仕方に私も呆れてしまった。

 

『関係なくはないだろが!』と、母の電話にいつも以上に嫌悪感がわき、電話をきってから全身に力が入らなくなり、手足が冷たくなって寝込んでしまった。

すさまじい母への嫌悪感がその時の電話でわいて、頭の中でこんな母と距離をおかないと私は本当にダメになってしまう!と思った。

 

きっかけは些細ないつものことだったけど、その日はなにかが違った。

 

それ以来夫は私の味方になってくれて、カウンセリングへ行くよう言ってくれたし

今私がこの心の自由があるのは夫のおかげだと思う。

だから夫が自分の衰えに悩んでいることに、私も向き合ってあげないといけないんだろうな~と思うようになった。

 

自由な思想をもってる友達Kさんに聞いてみたり、するとKさん夫婦のうちは週1でセックスがあり、旦那さんは泌尿器でED治療をしていたこともあるそうだ。

 

え~そんな夫婦いるんだ!!

Kさん夫婦はセックスは夫婦にとって大事なコミュニケーションだと思っていて

挿入するしないは関係なく、お互いのカラダを触るように心がけていた。

 

だからKさんはキラキラ40代なんだ!

努力なしでキラキラにはなれないのね~

なんか説得力のあるKさんの話に、セックスを前向きなこととして考えなきゃいけないのね~と思うようになった。

 

そういう話しをできる友達夫婦に聞いてみると、どこの家も40代50代でも夫婦生活があり、そういう人はなんか幸せそうにみえた。

旦那さんたちは病院へ行かなくとも、精力維持を意識してる人たちで

夫婦仲良しはセックスも大きな要因なんだな~と思いはじめる。

 

私もカウンセリングや自己の意識が変化してくるのと同時に、以前は感じなかった快楽を感じられるようになってきて、それはどうも。。

カラダではなく脳の変化なんじゃないか?って思うよう。

(個人的な意見)

 

毒母に蓋をされていた感情や感覚が、母と距離をおくことで解放されたんだと思う。

 

40代に入ってから、だんだん感じはじめた尿漏れ。

なにかとカラダの変化を感じている40代なんだけど。

前よりおしっこが近くなり、尿漏れを感じるようになり、尿漏れパットがかかせなくなった。

と同時にいつもつけてるからデリケートゾーンのかぶれや膣のヒリヒリ感も感じるようになってきた。

 

生理は7日くらいだったのが3~5日で終わるようになり、経血の色も前より赤くなってきた。

量も前より増えて、今では生理の日は多い日用のタンポンと多い日用のナプキンをしないと怖くて外出できないくらいに。

 

去年の秋生理が遅れたことが不安でホルモン検査すると!

なんと私は更年期ではなかった。

先生も驚くくらいまだ女子で『じゃ~なんで生理遅れたんですか?』と

追及したがる私いに先生が『少し遅れたくらいで騒ぎなさんな!』と

そういう性格が生理を狂わせる!と言うのだ。

 

『母は30代で生理がとまったって言ってました』と言うと

『それは病気!お母さんが早くに生理がなくなったことと、あんたの更年期は関係ないじゃない』と先生は笑うのだけど

私は母の暗示でずっと生理が早く終わると思っていたから、えぇ!!!って感じだ。

 

それをカウンセリングの先生に話すと

『お母さんの思い込みが支配してるんだよ、お母さんと貴女は違うんだよ』と

人に言われると『そりゃそうだ!』と思えるんだけど

なかなか自分ではそれが当たり前になっているので、母と自分を切り離して考えられなかった。

ホルモン検査でまだ更年期じゃない!とわかり、母の思い込みのおしつけが

私を支配してることを知り、先生に笑われ自分が滑稽だったことに気がつく。

 

それを期に、そういえば。。私の苦手なタイプはみんな自分と他人を混同して考えてしまタイプの人であることに気がつく。

支配したがる性格の女たちに悩ませられ続けてきた。

毒母に支配されていたことで、人間関係でも同じような支配したい女たちに悩まされる。

 

でもそれは自分の性格が人に影響されやすいから、こういうループにハマりやすいことを知り、人の言うことを話半分で聞くようになり、だんだん心がそこでも解放されるようになってきた。

 

ヤバいと思ったら、その人と深入りしない。

 

私は毒母の激しいそれに悩まされて生きてきたのだから!

毒母に解放された今、また他人に支配され、感化されるのは絶対イヤだ!って思うようになった。

 

ホルモン検査して卵巣や子宮の検査もしたけど、私はまだまだ妊娠する可能性らしい。

排卵もあるし、卵巣もまだ大丈夫だし妊娠するかもだよ』と。。

ネットでは44歳で自然妊娠なんてそうありえないらしいけど。。

 

今年の2月にそれがわかって、え~まだ妊娠する???と思ったんだけど

春から若い頃のように生理痛を感じるようになり、薬を飲まずには生理痛を耐えることができなくなってきた。

 

今月新婚旅行へ温泉に出かけたんだけど、生理が遅れてもしかして温泉と生理があたる?と恐怖してたんだけど、大丈夫だった。

 

新婚旅行なのでそれなりに気分を高めてお互いいたんだけど。。

その部屋が怖くて、そんなムードには正直なれず、普通に温泉を楽しんで帰ってきた。

 

7月31日に生理が終わったのに、今日13日しかたってないのに生理がきてしまった。

13日しか過ぎてないのにまた同じように生理。。

そういえば2~3日前からなんか吐き気がしてて、お腹がモヤモヤしてた。

こんな最短で生理がくるのははじめて。

なんらかのカラダの変化があるんだろう。